アルコール代謝によるRedox Shiftとは|フィジオ福岡 ダイエットとお酒の関係

ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのではないでしょうか。
今日はお酒とダイエットについて考えていきます。

なぜお酒を飲むとなかなか痩せづらい?

なぜ、お酒を飲むとなかなか痩せづらいのでしょうか。
アルコール飲料、いわゆるエタノールですが、清酒1合、ビール(大ビン)1本、ウィスキー(ダブル)1杯はどれも約22gのエタノールが含まれています。エタノール1gは約7.1kcalです。
エタノールのの特徴として、肝臓がほとんど代謝する、代謝されずに排泄される量は少ない、体内に貯蔵されない、高い熱量を発生させるがエネルギーとなることがない、といったものが挙げられます。

飲酒によって体内に入ったエタノールは消化管から吸収されて肝臓へ輸送されます。ここから分解酵素の働きによりエタノールはアセトアルデヒドに、アセトアルデヒドは酢酸へと分解され、この過程の代謝産物としてNADHという補酵素が産生されます。このNADHが増加することを「Redox Shift」といいます。

これによりミトコンドリアの機能に変化が起き、NADHを優先して処理するようになります。すると本来、スムーズに行えていた脂質や糖質の代謝が滞り、アルコール代謝ばかりが行われるようになってしまうのです。そのため、アルコール摂取間に摂取したその他の糖質、脂質の代謝効率は下がり、体内に蓄積されやすくなってしまうのです。また、過剰に摂取された糖質は脂質として貯蔵されるので、これが拍車をかける形になります。

アルコール摂取よりもおつまみが原因?

よくアルコール摂取そのものよりも、おつまみが原因だと言われることもありますが、アルコールがつまみを良くないものとさせているのです。逆につまみによってはアルコール代謝が促進され、脂質、糖質の蓄積を軽減させるということも不可能ではありません。

たとえば、糖原性アミノ酸のようにNADHを使用するアミノ酸や、肝臓機能亢進、回復といったアミノ酸を含んだつまみにするだけでも違うでしょう。高タンパク、高ビタミン、低脂肪、といったつまみを摂ることがお酒を飲みながらダイエットをするための重要事項になります。

一番はお酒を飲まないことではあるのですが、これからの季節、お酒を飲む量も増えるでしょうから、少しでも太らないように気をつけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 冬のほうが代謝が高いのはなぜ?|フィジオ福岡 代謝の科学

  2. 「アンチニュートリエント」であるアルコールの性質|フィジオ福岡 栄養科…

  3. 肥満に関連するホルモン

  4. 脂肪の役割と体脂肪|フィジオ福岡 健康科学

  5. 食後の眠気|フィジオ福岡 お昼ご飯のあとは眠くなる

  6. ダイエットを考える上での生体機能|フィジオ福岡 ダイエットの科学

最近の記事

カテゴリー