「有痛性外脛骨」とは

足部にはさまざまな部位に過剰骨(本来は退化していて存在しない余分な骨)があることがありますが、外脛骨(がいけいこつ)も足部中央の内側(足の舟状骨の内側)にある過剰骨の1つで、日本人には5人に1人の割合でみられるといわれています。

多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、これに痛みを伴うような病態を「有痛性外脛骨」といいます。

小学生高学年以降に激しいスポーツを行うようになると、外脛骨が原因で痛みを生じることがあります。

痛みのメカニズムとしては、捻挫や繰り返される後脛骨筋の引っ張る作用によって、外脛骨部分が舟状骨から剥がれるようになり、その部分で炎症を起こします。

舟状骨粗面という足の内側に出っ張った部分があるのですが、そこには後脛骨筋がついていて、足の土踏まずを形成するのに重要な役割を果たしています。

この筋肉が緊張することで、足のアーチが保たれています。

有痛性外脛骨が発症する多くの方の場合で、土踏まずが低くアーチのない足(扁平足)の傾向があるので、扁平足が発症に関与しているといわれています。

また、女子に多く発症するという特徴もあります。

有痛性外脛骨は若年者のスポーツ傷害として多く見られる疾患の1つですが、成人になって疼痛が発症することもあります。

診断は、足部内側に骨性隆起が認められ、自発痛や圧痛を伴うので容易です。

本来なら存在しない過剰な骨なので、骨の大きさだけ膨隆し、押すと痛みを伴います。

激しい痛みではありませんが、スポーツ活動に支障をきたしてしまいます。

治療方法としては、ジャンプやダッシュなど足部に負担のかかるスポーツ活動を3週間程度中止して、筋トレなど局所に負担のかからないものにします。

前脛骨筋のストレッチや、足首回し・足指の曲げ伸ばしなども有効とされています。

それでも症状が改善しない場合には、アーチサポート付きの足底挿板を装着して、外脛骨部への負担を軽減します。

さらに疼痛が続き、スポーツ活動への早期復帰を目指す場合には、手術を行う場合もあります。

関連記事

  1. 関節の構造強度とフォースカップルの働き| フィジオ福岡 関節運動学

  2. 変形性股関節症とその予防|フィジオ福岡 アスレチックリハビリテーション…

  3. アスリートにとって必要な定期的な体力テスト

  4. より軟らかい身体をつくるためには

  5. 高齢者における筋力エクササイズ | フィジオ福岡 高齢者のトレーニング…

  6. 短気は寿命が縮まる!!

最近の記事

  1. 2017.02.24

    食欲の中枢
  2. 2017.03.01

    コーレス骨折

カテゴリー