耳鳴り

耳鳴りに悩まされた経験がある方も多いと思いますが、耳鳴りの原因とはなんなのでしょうか?

原因は様々であり、大きな騒音、加齢、耳垢、薬の副作用などがあります。その中でも大きな騒音による耳鳴りが最も一般的な原因の一つです。

耳鳴りは突然、発生することがあり、消えたかと思うと、またぶり返すことがあります。絶え間無い不快な騒音に加え、ストレス、睡眠の問題、不安またはうつ病を引き起こす場合もあります。そのすべてが耳鳴りを悪化させる可能性があります。

耳鳴りが生活にどの程度影響するかは、耳鳴りの音量、頻度、継続時間、個人的な感じ方など、様々な要因により異なります。耳鳴りそのものは、痛みと同様にひとつの「症状」です。原因を治療することが必要な「病気」とは異なり、耳鳴りは、ひとつの状態として処置することしかできない場合がほとんどです。

耳鳴りが起こるのは、人間が音を聞く仕組みと密接に関係しています。聞こえにくい音があると、脳に変化が起こります。脳は電気信号が少なくなったことを感知し、聞こえないことを補うために過度に反応し、電気信号を増幅させます。この反応は音が鳴っていない時にも起こり、「音が鳴っている」と勘違いしてしまうのです。このように、耳鳴りは聞こえなくなった状態を補おうとする脳の反応なのです。

ストレスと不安は耳鳴りを悪化させる可能性があるので、耳鳴りを悪化させないためにこれらの状態に対処することが重要です。 十分な睡眠を取ること、喫煙をやめること、適度な運動をすることは健康全体に良いことであり、耳鳴りに対抗するのに適しています。

関連記事

  1. 運動と免疫|フィジオ福岡 免疫の科学

  2. コレステロールと動脈硬化 | フィジオ福岡 血管の科学

  3. 血液と血管|フィジオ福岡 循環器の役割

  4. 高血圧の分類

  5. 骨粗鬆症

  6. 無痛症について考える

最近の記事

  1. 2016.12.15

    尺骨神経麻痺
  2. 2016.12.05

    ドケルバン病
  3. 2017.05.22

    骨軟骨損傷②

カテゴリー