「運動が糖質代謝に与える影響とは」

運動中は、普段の生活以上のエネルギーが必要となります。

結果として、多量の糖質を消費します。

運動中には、筋活動による血糖の取り込みが亢進するので、血糖のみをエネルギー源として運動を行うと30分程度で低血糖になってしまうといわれています。

しかし、通常の運動(極端に長時間に及ぶ運動を除く)では肝臓に貯蔵されているグリコーゲンが分解され糖産生が増加するので、低血糖が起こることはほとんどありません。

肝臓での糖新生は、血糖を補充して運動を継続することを可能にするだけではなく、その産生量を調節して、運動中に変動する活動筋でのグルコース取り込み亢進にも適合し、動脈中のグルコース濃度の変動を最小限に抑えてくれます。

このようにして運動中の血糖は十分に確保され、運動を持続することができるのです。

運動後には、次の運動に備えて減少した筋グリコーゲンを補充しなければなりません。

運動直後は、グルコース輸送体が細胞内から細胞膜へと移動が活発化するので、筋細胞膜のグルコースに対する透過性が高まります。

また、細胞内のグリコーゲンシンターゼ(グリコーゲン合成を促進する酵素)活性が亢進するので、筋グリコーゲンは急速に補充されます。

この反応は運動後約1時間持続し、この間筋によるグルコースの取り込みには運動中と同様にインスリンが関与しません。

糖尿病患者に対して行われている運動療法は、この原理を利用して行われています。

関連記事

  1. 筋の連鎖・キネティックチェーンを考える|フィジオ福岡 運動学

  2. 高齢者における萎縮しやすい筋線維タイプ|フィジオ福岡 高齢者のトレーニ…

  3. 免疫システム|フィジオ福岡 免疫機能を考える

  4. 姿勢評価の重要性|フィジオ福岡 トレーニング前後の姿勢評価

  5. 二関節筋の制約作用とは

  6. 「糖質代謝と脂質代謝」

最近の記事

カテゴリー