熱中症

これからの暑くなる時期に注意したいのは熱中症です。

熱中症の要因としては、気温、湿度、体力、体調、疲労の状態、暑さへの慣れ、衣服の種類、運動レベル、水分補給不足、休憩不足などが挙げられます。

水分補給で摂取する飲料は、0.1〜0.2%の塩分と糖質を含んだものが効果的です。こまめに水分補給をし、運動前後での体重がなるべく1%以上にならないようにしましょう。

ダイエットをしている方などは、運動前後の体重減少で喜んでしまうことがあるかもしれませんが、これは体内の水分が減っているだけで実は危険な状態でもあるのです。

暑さに身体を慣らすことも大切です。身体が暑さに慣れるまでには約1週間かかります。そのため、急に暑くなったときは、強度の高い運動をなるべく避けるか、こまめに休憩をとりながら運動を進め暑さに慣れる必要があります。強度の高い運動は熱の発生も多くなるので注意が必要です。

熱中症が疑われる場合には速やかに応急処置をする必要があります。

まずは、涼しい場所に移動させ身体を冷やすことです。屋外であれば日陰の風通しの良い場所、室内であればエアコンの効いた部屋などに移動させます。

そして、服を脱がせたりベルトを緩めたりして熱を逃します。氷嚢で冷やしたり、うちわで扇ぐなどを組み合わせると身体をさらに冷やせます。

自力で水分補給ができるようであれば電解質を含む水分を補給させます。

意識がなかったり、はっきりしないなど重症の場合には救急車を呼び病院に行くようにしましょう。

症状が軽いうちに自分から申し出ることや、周りが異変に気づいてあげることが重要です。

日常生活でも少しでもおかしいと思ったら活動を中止し日陰や涼しい場所に移動し休憩するようにしましょう。

部活などでは言い出しにくい場合があるかもしれませんが、このような場合は周りが気付いてあげて協力することが大事です。

暑さ対策、こまめな水分補給で夏を乗り切りましょう。

関連記事

  1. 運動と免疫|フィジオ福岡 免疫の科学

  2. 耳鳴り

  3. 「夜遅くの食事は肥る」という神話|フィジオ福岡 栄養摂取のタイミング

  4. 筋の緊張をコントロールする抑制性回路|フィジオ福岡 筋緊張に対するアプ…

  5. 「パワーポジション」と骨盤傾斜|フィジオ福岡 トレーニング科学

  6. 顎関節と姿勢|フィジオ福岡 デスクワークの姿勢をどう変えるか

最近の記事

  1. 2017.02.19

    老年性筋萎縮
  2. 2016.12.05

    ドケルバン病
  3. 2017.02.24

    呼吸の異常

カテゴリー