呼吸と姿勢を整えて痩せやすい体を手にいれる

お腹周りのたるみがとれない。
体重は減っているのだけどボテッとした身体つきがかわらないという人がいます。

私たちの身体にはたくさんの筋肉があります。
そのたくさんある筋肉がお互いに連携し合いながら働き、姿勢を保ったり運動したりしています。

しかし実際には一部の筋肉の動きが悪くなっている場合が多いことがよくあります。
日常生活の中で、デスクワークや家事など身体の前で行う作業がよくあります。
このような姿勢を長時間続けていると、身体の前の筋肉は固まり、身体の後ろの筋肉は引き伸ばされた状態で固まってしまいます。
背中がまるくなり猫背になってしまうのです。

背骨の湾曲が強くなると、胸郭が変形し動きが悪くなってしまいます。
すると横隔膜の動きも悪くなり、呼吸が浅くなってしまいます。

呼吸には腹横筋や腹斜筋、脊柱起立筋など様々な筋肉を使うのですが、これらの筋肉は姿勢を維持する働きもしてくれています。
しっかりとした呼吸ができていないとさらに姿勢が悪くなってしまうのです。


正しい姿勢と深い呼吸がもたらすメリット


この固まった身体を動くようにして、姿勢を改善し深い呼吸ができるようになると様々な良い事があります。
1つ目に、筋肉をしっかり使えるようになり、代謝が高まり痩せやすくなる。

2つ目に、腹横筋や腹斜筋が働くようになり、ウエストが引き締まってくる。

3つ目に、深い呼吸で腹部の筋肉が動き、リンパの流れがよくなる。

このようなメリットをもたらしてくれます。
ダイエット等でなかなか結果が出てないという方、姿勢と呼吸を見直してみてください。

関連記事

  1. 飲酒が自律神経に与える影響

  2. 糖の摂取と脳機能の関係性|フィジオ福岡 健康科学

  3. 肥満と脂肪の関係性|フィジオ福岡 ダイエットプログラムにおける脂肪燃焼…

  4. 廃用性筋萎縮に対する下肢トレーニングのポイント|フィジオ福岡 廃用に対…

  5. ダイエッターのための高度不飽和脂肪酸の働き | フィジオ福岡 ダイエッ…

  6. 高血圧を防ぐ為に

最近の記事

  1. 2016.12.15

    尺骨神経麻痺

カテゴリー