イソフラボン

大豆を原料とする豆腐や納豆などが健康に良いとよく言われます。
それは、主に大豆に含まれるゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインなどのイソフラボンによるものです。

イソフラボンは、科学構造がエストロゲンに似ているため、弱い女性ホルモン作用をもち、様々な効能を示します。

とりわけ、乳がんや前立腺がんなどのホルモン依存性がんに有効になってきます。
乳がんは、エストロゲンの過剰が引き金になるので乳がんの予防効果があるということは意外かもしれません。
それは、エストロゲンの代わりにイソフラボンがエストロゲン受容体と結合しエストロゲンの働きを防いでくれるのです。

さらに、イソフラボンの女性ホルモン様作用は、骨粗しょう症も防いでくれますし、更年期障害の緩和、循環器系疾患の予防、美容効果などが期待されています。


これだけ身体に良いイソフラボンですが、1日の摂取量の上限は70~75mgと言われています。
必要な量は40~50mgと言われていて、納豆なら1パック、豆腐なら半丁といったところです。

欧米では、日本人の長寿、および乳がんや骨粗しょう症発生率の低さの秘密が大豆イソフラボンにあるとして研究が盛んになり、実際に摂取も高まっています。
普段の食生活を振り返ってみて足りてないと感じた方は、少し気をつけて摂取してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. なぜ季節の変わり目に風邪をひきやすくなるのか

  2. クライオセラピーという選択|フィジオ福岡 コンディショニング科学

  3. 「成人~高齢期と食事について」

  4. 運動と免疫|フィジオ福岡 健康科学

  5. 運動誘発性喘息とは

  6. 肥満に関連するホルモン

最近の記事

  1. 2016.11.23

    外反母趾

カテゴリー