暑熱環境で最大限にパフォーマンスを発揮するために

夏の甲子園や、高校総体など1番大きな大会は気温が暑い中行われます。
高校3年生は、この最後の大会に向けて辛い練習に耐え、毎日努力を積み重ねるのですが、暑さに負けて自分の力が出せないと悔いが残ってしまいます。

ヒトの体温は約37℃で保たれています。
暑熱環境で試合をしていると深部体温が40℃以上になることがあります。
熱射病の判断基準が深部体温が40℃以上なのですが、うまく身体の中で恒常性が保たれていればパフォーマンスを維持することが出来ます。
しかし、暑熱に耐性がないと体温が上昇し続けてしまいます。

身体が熱い環境の中でも耐えられるように、トレーニングをして早い段階で汗をかけるような身体つくりを行い、熱を逃がしやすくすることが必要になってきます。
ただ、それだけでは暑熱環境の中で熱中症は防げても、高いパフォーマンスを維持することは難しくなってきます。


カーディアックドリフト


運動中は運動している筋肉に血液が多く運ばれ分散します。
その為、1回の心拍出量が減る代わりに心拍数を上げることによって血液循環を維持します。

暑い環境では、さらに発汗や脱水によって血漿の量が減るため心拍出量が減少し、それを補うため心拍数が増加してしまいます。
このように、心拍数がどんどん増加してしまうことをカーディアックドリフトというのですが、こうなると心臓の負担を高めてしまいます。

心拍数をあげすぎてしまうと、高いパフォーマンスは発揮できなくなってしまいます。


暑い環境でも高いパフォーマンスを発揮するためには


暑熱環境の中での運動においても心拍出量の減少を抑え、心拍数を上げすぎずに運動がある程度維持できるようになるために、有酸素能力を高めましょう。
有酸素能力を高めて基礎体力を上げれば、その体力はある程度暑熱環境化での運動にも効果があります。

これから冬の練習で身体づくりを行うと思いますが、夏の暑い時期に最高のパフォーマンスを発揮するためにも、有酸素能力も高めていきたいですね。

関連記事

  1. 運動と疲労|フィジオ福岡 リカバリーの科学

  2. タンパク合成装置としての筋細胞|フィジオ福岡 筋力トレーニング

  3. 高齢者における萎縮しやすい筋線維タイプ|フィジオ福岡 高齢者のトレーニ…

  4. 「neural store」と転倒のリスクマネジメント|フィジオ福岡 …

  5. クライオセラピーという選択|フィジオ福岡 コンディショニング科学

  6. トレーニングの違い|フィジオ福岡 自重トレーニングとフリーウエイト

最近の記事

  1. 2017.02.19

    運動連鎖とは

カテゴリー