腰痛を悪化させる4つの動き

様々な動きに関係してくる腰。
腰が痛くなると、何をするにしても辛くなります。

腰痛にならないためにも、腰周りの筋肉の柔軟性や、筋力のバランス、普段の姿勢など気をつけなければなりません。

実際に腰痛になってしまい、治療にあたっている方もいらっしゃることでしょう。
しかし、日常の生活は続けなければなりません。

これ以上、腰痛を悪化させないためにもやってはいけないことをご紹介いたします。


腰痛を悪化させる4つの動き


①反らす
腰は前に曲げること、屈曲することは出来ますが、反ることはほとんど出来ません。
腰にはかなりの負担になります。

②捻る
ゴルフなど背中を反らせて捻る動きは椎間板に大きな負担がかかります。

③腰を傾けた姿勢
反り腰や片側に寄りかかった状態で座るなど腰にはよくない姿勢です。
側湾や骨盤傾斜がひどくなる可能性も出てきます。

④重いものを持ち上げる
重いものを持ち上げるときに、殿筋をうまく使えないと腰に負担をかけてしまいます。
痛いときは、重いものを持たないようにしましょう。
また、高いところにものを持ち上げる時に腰が反りやすくなるので注意しましょう。


腰が痛い場合、早く治すためにもこれらの事を行わないようにしましょう。
今は腰痛がなくても、腰痛にならないためにも、トレーニングやストレッチ、姿勢改善等行っていきましょう。

関連記事

  1. 女性アスリート三主徴症候群

  2. 肉離れを起こさないために

  3. 「脂肪と生活習慣病について」

  4. トレーニングにおけるピリオダイゼーションを考慮する為のポイント

  5. 歌唱による健康効果

  6. 暑熱環境で最大限にパフォーマンスを発揮するために