BODY BASED ASSESSMENT

フィジオ福岡で行うボディガイドのご紹介です。

「自分のカラダについて知ること」=「ボデイガイド」を作ることからカラダの自己管理しませんか?

フィジオ福岡では、トレーニングを行う前に必ずお客様の現在の身体の問題点を確認しています。
トレーナーの世界では「SOAP」と呼ばれる考え方があり、フィジオ福岡もこの考えにのっとってお客様のコンディショニングの評価を行っています。
主に行う内容としては、①姿勢評価(静的・動的)②動作の評価③柔軟性・関節可動性の評価が中心となります。
その他、機能的に関節運動が構成されているか、筋の機能はどうかなど細かいポイントを1つ1つ評価し、最終的にそれら抽出した情報を統合解釈し、お客様にとっての問題点・今後のリスクを導きだし、その改善方法をご提案しております。

フィジオ福岡ではこれを自分の身体の普段の状態《ベース》を把握するガイドブックを作るという意味で「BODY BASED ASSESSMENT」と名づけました。

ボディガイドを作成し「現在の自己」と向き合い、未来へのカラダ投資をはじめませんか?

BBAはトレーニーだけではなく、トレーニングを行わないお客様にとってもきっと有益な情報になると思います。自分を知ることは自分と付き合うための第一歩だからです。
カラダのチェックを行い、抽出された問題点を説明。その改善案をご提案するまでのサービスです。もちろん普段自分でトレーニングはしているけど、専門的な評価を聞いてみたいなどのご要望もあったので、その部分だけのサービスとしてもご利用いただけます。トレーニングは自己管理できているけど、専門家の意見も聞いてみたいと言う方もぜひご利用いただければと思います。

姿勢評価の重要性

自分の姿勢をしっかりと評価して考えてみたことはありますか?「姿勢」とは重心方向に対し身体がどのような位置関係にあるかを示す体位(position)と身体の各部位の相対的な位置関係を示す構え(attitude)の両者を含んだものとされています。我々トレーナーが考える「姿勢」とは、どちらかと言えば後者を示すことが多く、仮想される重心線に対する身体各部の配列(アライメント)を基準とした評価を行うことになります。つまり「良い姿勢」を考える場合、アライメントが正しい状態、言い換えれば力学的に安定し疲労が少なく作業効率の面でも有効である姿勢であろうと考えています。

さて、かの有名なKendallは「姿勢」は筋バランス(muscle balance)という観点からも記述できるとしています。一般的に、筋は正常なアライメントで最適に機能するようになっており、そのため筋は生理学的な長さ、いわゆる「至適長」を維持しなくてはならないのです。しかしながら、習慣的に筋を短縮した姿勢を続けたり特定の動作を繰り返していると、対象となる筋は短縮し、逆に括抗筋は延長位となってしまいます。したがって、自己の姿勢をチェックすることは筋の長さが変化している可能性を示す指標となるともいえます。

フィジオ福岡で行う「姿勢チェック」はトレーニング開始前に習慣的にとっている自然な姿勢を詳細に観察、評価するように行っております。なぜこの評価をしっかり行うのか?例えばですが、長期間にわたりアライメントに異常をきたしていた場合、筋・骨格系への解剖学的変化が生じ、骨・関節疾患に移行していくことが知られているからです。この身体機能の管理をしっかりと行うためには「姿勢チェック」が有効であり、且つ姿勢を評価する際には、アライメント、関節可動域、筋力を総合的に評価しなくていけないと考えています。

学生スポーツにおけるフィジカルチェック&コンディション管理にBBA

福岡では、アマチュアスポーツでトレーナーによる正しいコンディショニング指導を受けることができる環境が整っていないのが現状で、チームとしてトレーナーと契約して実際に指導を受けられているチームはごく一部に限られています。スポーツ選手にとって、スキルのみではなく、より良いパフォーマンスを発揮するためには、正しいトレーニングや身体のケアが必ず必要です。フィジオ福岡は、その現状を打破するべく、少しでも多くのチームに正しいコンディショニング法を提供したいと考えております。

また、フィジオ福岡は理学療法士・鍼灸師・スポーツトレーナーが在籍しており、ケガに対するメディカルコンディショニングからパフォーマンス発揮の為のトレーニング指導までトータル的にサポートすることができます。『ケガを減らし、機能的な身体を作り、パフォーマンスを向上させる』をテーマにアマチュアスポーツチームの発展に貢献していきます。