ドケルバン病

ドケルバン病は、骨茎状突起部に生じる腱鞘炎で、狭窄性腱鞘炎ともいわれます。仕事やスポーツなどによる母指の酷使(過剰な負荷)が大きな要因となります。妊娠出産期・更年期の女性に好発しますが、ホルモンバランスの乱れが発症に関わるとも言われています。母指に多く、環指、中指に好発します。手関節橈側(母指側)の腱鞘の肥厚、走行する短母指伸筋腱と長母指外転筋腱の機械的摩擦などによって炎症が生じ、腱の働きが悪く(滑動障害)なります。ガングリオンの合併がしばしば認められることもあります。症状・所見としては、手関節や母指を動かしたときに生じる橈骨茎状突起部の疼痛や強い圧痛、運動制限などがあります。診断・検査法は、患者さんが「骨が出っ張ってきた」という訴えが多く、アイヒホッフテストが陽性の場合、ドケルバン病と診断されます。CM関節症(第1手根中手骨関節の変形性関節症)との鑑別が重要となります。治療法は、保存療法では、局所の安静・薬物療法になり、痛みが強い場合はステロイドの腱鞘内注入が行われます。保存療法で症状が改善されないケースや再発を繰り返す場合は、狭窄部の腱鞘切開術が検討されます。

関連記事

  1. 頭痛

  2. 筋筋膜性腰痛症

  3. コーレス骨折

  4. 肩関節不安定症

  5. てこの原理を使って

  6. スポーツによる変形性膝関節症

閉じる