膝蓋大腿関節について|コンディショニング福岡

膝蓋大腿関節は、大腿骨滑車に膝蓋骨がはまり込む構造になっていて、特に膝関節屈曲位では適合性は高まります。

一方、伸展位では適合性が低下し、軟部組織(靭帯や筋腱)による支持が重要となります。

膝は生理的に外反位にあるため、膝蓋骨に対しては外方への力が生じています。

それに抗する支持組織としては、筋肉では内側広筋、靭帯では内側膝蓋靭帯が重要な役割を担います。

膝蓋骨を支持する軟部組織の拘縮や過緊張、筋機能不全によって、膝蓋骨アライメントや膝蓋骨運動の軌跡は変化します。

特に、膝蓋骨を外方に牽引する筋の柔軟性の低下や内側広筋の収縮不全の損傷などにより膝蓋骨は外方に変化しやすいです。

膝蓋骨アライメントは、大腿脛骨関節のアライメントにも影響を受けます。

Q角が増大する膝関節外反や下腿外旋アライメントは、膝蓋腱による膝蓋骨の外方牽引力が高まるため、膝蓋骨外方偏位を生じやすいです。

関連記事

  1. 滑液包炎

  2. 骨軟骨損傷①

  3. オスグッドシュラッター病・ジャンパー膝について|コンディショニング福岡…

  4. 鵞足炎とランニング

  5. 側副靭帯損傷(膝)について|コンディショニング福岡

  6. ACL損傷のメカニズムとリコンディショニング|フィジオ福岡 ACL損傷…

閉じる