パフォーマンスを高めるために

睡眠の質が重要とはよく耳にすると思います。
これは、子供から大人、アスリートの方など全ての方に当てはまります。

子供を対象にした研究では、平日に決まった時間に起床、就寝していても、土日などの休日に遅くまで起きていたり、寝ていたりすることによって生活リズムが崩れ、不定愁訴が増えたり、学習への意欲が低下することがわかっています。

休みの日でも、決まった時間に起きて、寝るという生活リズムを一定に保つことが大切です。

眠くなる理由

人間が眠くなる理由が、夜になると眠くなるという体内時計でできています。
人間は朝起きて太陽の光を浴びて約15時間後に眠くなるようになっています。
また、体内時計の関係から恒常性維持機能の関係もあり、15時間後に眠くなるというわけです。

睡眠には、ノンレム睡眠(脳の休息・体の成長・修復・免疫を高める)とレム睡眠(脳の情報を処理して記憶を固定化する)があり、一晩でこの睡眠が交互に現れるのです。

睡眠の質を高めるためには、寝る直前の光を浴びるのを避けたり、カフェイン飲料を避けることなどが挙げられますが、朝食をしっかり食べることも大切になってきます。

睡眠の質を高めてパフォーマンスアップ(アスリートのパフォーマンスだけではなく、仕事の効率化)に繋がていきましょう!

関連記事

  1. 睡眠時間の確保!

  2. 甲状腺機能低下症

  3. 食事誘発性熱産生

  4. 腸は全ての基本です!②

  5. 良質な睡眠に導く①

  6. 子供の体重は母親譲り!?

閉じる