高エネルギーリン酸結合

生体のエネルギー源は「ATP(アデノシン3リン酸)」という物質です。このATPの「アデノシン」とは「アデニン」というプリン環の化合物に「d-リボース」という糖が結合したものです。「アデノシン」にさらに3分子のリン酸が繋がったもののことをATPといいます。

「高エネルギーリン酸結合」

このリン酸の結合部分がエネルギーを保持している部分で、「高エネルギーリン酸結合」と呼ばれています。とくに2番目、3番目のリン酸結合が、生体エネルギーとして利用される高エネルギー結合部分にあります。ATPは「ATP分解酵素」の「ATPアーゼ」によって加水分解され、リン酸が切り離されますが、このときにエネルギーが放出されます。生体は、このエネルギーを利用しています。

酵素というのは、いわゆる触媒のことで、化学反応において自身は変化せずに反応を進める働きのある物質のことをいいます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる