脳の細胞の仕組み

脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア細胞とは、神経細胞の間を埋め、神経細胞の活動を補助する細胞の総称のことです。グリア細胞は、神経細胞に栄養を供給したり、正常に働かなくなった神経細胞を除去したりしています。

電気信号と「神経伝達物質」

神経細胞は、脳の中で互いに手をつなぎ、情報を伝えあっています。神経細胞の手のつなぎ方は、とても複雑だといわれています。神経細胞は脳内に1000億個以上もあるといわれますが、それぞれの神経細胞は、数個から数万個の神経細胞とつながりあっています。一つの神経細胞の中では、情報は電気信号として伝えられます。

ところが他の神経細胞に、電気信号をそのまま伝えることはできません。神経細胞と神経細胞のつなぎ目の「シナプス」とよばれる部分には、わずかですが、すき間があいており、電気信号はこのすき間をこえることができないのです。そこで、電気信号のかわりに「神経伝達物質」という化学物質を使って情報を伝えているのです。神経細胞はシナプスのすき間に神経伝達物質を放出します。放出された神経伝達物質は、受け手となる神経細胞の表面にある「受容体」というたんぱく質にくっつきます。これがきっかけとなって、受け手の神経細胞では電気信号が発生するというしくみになってます。

電気的な信号と化学的な信号

神経伝達物質という化学的な信号が、ここでふたたび電気信号にもどるということになります。脳の中では、このように電気的な信号と化学的な信号がたくみに変換されながら、無数の情報が伝えられているのです。ちなみに、神経細胞は長い突起を使い情報を伝えあっていますが、情報受信用の突起を「樹状突起」、送信用を「軸索」とよびます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる