『動作の学習』

脳は動作パターンを記憶し引き出します。脳には適切な学習機会を与えることで変化させることができます。機能不全を呈した動作パターンを見つけた際は、このパターンは何らかの理由で身につき強固なものになったと捉えます。機能不全を呈した動作パターンは他の機能的な動作パターンと一緒に繰り返し使われており、脳には機能的ではない動作パターンの価値が植えつけられています。

脳を変化させるためには、ある動作パターンを止めさせ、その代わりに別の動作パターンを行わせます。動作は繰り返し行う行動の一部として記憶されたパターンに基づいています。良い行動は意識下のコントロールによるものです。動作パターンを変えようとするのであれば、意識的及び意識下の感覚ー運動の相互関係を改善させるような環境を整える必要があります。

脳からの感覚入力は完璧な運動出力よりも重要

脳からの感覚入力は完璧な運動出力よりも重要です。乳幼児の動作は滑らかでコントロールされた正しい動きではないが、記憶を形成し洗練させることでモーターコントロール(運動制御)を日々上達させています。
1回1回の成功が動作パターンを改善し、記憶を洗練させます。毎日の記憶が引き出され、動作のパターンが強化されていきます。乳幼児に動作を指導するば、感覚と運動の相互関係を阻害してしまうでしょう。

動作パターンに改善の余地があるかを判断すること

動作学習を促進させる最善の方法は、より建設的な感覚体験を与え、明確な目標を設定することです。そうでなければ、基礎的な動作パターンをコントロールするには細心の注意を払わなければいません。動作パターンを作ることはできないが、発達を促すことはできるという事実を認識する必要があります。基礎的な動作パターンの多くは記憶のどこかに存在するものの、何らかの理由で変化してしまっています。重要なことは、動作パターンに改善の余地があるかを判断することです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる