膝窩筋は膝関節のキーとなる。

膝窩筋は、膝関節の重要な内旋・屈曲筋です。この筋は内旋筋として膝関節のキーとなる筋と考えられます。

膝関節のキーとなる筋

伸展ロックされた膝関節が屈曲の準備をするとき、たとえばスクワット肢位へ下降しはじめるときですが、膝窩筋は重要な内旋トルクを発生して膝関節のロックを解除するのを助けます。大腿骨上の脛骨の伸展とわずかな外旋の組み合わせで膝関節はロックされることを考えると、たとえば、膝のロックを解除し、スクワット肢位へ屈曲させるには、大腿骨が比較的固定された脛骨上でわずかに外旋する必要があります。

膝窩筋が大腿骨を外旋、膝関節を内旋させる能力は、膝関節を後方で斜走する膝窩筋の力線を見れば明らかです。膝窩筋の斜めの力線は膝関節伸展位での回旋トルクを生み出すように膝関節屈筋の最適なてこを与えています。ほかの膝関節屈筋の力線は、膝関節が伸展位のときはほぼ垂直であり、それらの軸回旋トルクの能力を非常に小さくしています。ロックされた膝関節が内旋しはじめるためのてこを高める作用を膝窩筋が有しているので、膝関節のキーとなる筋と言われています。

膝窩筋の重要な機能

膝窩筋のもう一つの重要な機能は、膝関節の外側と内側の両方を動的に安定させることを補助していることです。膝窩筋の強力な関節包内膜は膝関節への過度の外側の減速と制限によって内側の膝関節を安定させています。この活動は、遠心性収縮によって行われ、内側側副靭帯や後内側関節包や前十字靭帯へのストレスを減らしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる