水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまいがちです。
寒いというのもあってコーヒーを飲む量も増えるのではないでしょうか。
コーヒーはたくさん飲むけどそれ以外に水分補給はあまりしていないという人も多くいます。
それでは水分補給という観点からコーヒーは適当かどうかについて考えてみましょう。
コーヒーは水分補給としてはふさわしくないというのが、一般的な見解でしょう。
コーヒーを摂取する人の多くは嗜好によるものであり、水分補給の目的でコーヒーを摂取する人はそういないと思います。
しかし、水分は水分なので、別に水分補給をしようとなると、時につらさを感じてしまうものです。
コーヒーに多く含む成分としてカフェインがあり、利尿作用があることで有名です。
この利尿作用が体内の水分を出してしまうと思われており、コーヒーが水分補給にふさわしくないとされている一番の理由でしょう。
カフェインの利尿作用が体内の水分を余分に排出させ、逆に喉の渇きを増幅させ、脱水症状を起こすこともあると考えられています。
しかし、全て利尿作用のせいであるとはいえないようです。
カフェインへの耐性は1週間もかからず作られ、耐性のある人は排尿量の増加を起こさないことが分かっています。
カフェイン入りの飲料を飲んだ後でも体内にある水分量は一定で、体内の水分量が減ったりはしないということです。
喉の渇きについても、コーヒーに含まれる成分であるクロロゲン酸やタンニンは唾液分泌を抑制するといわれていますし、興奮作用により交感神経が優位に働けば唾液分泌を抑制させ、喉の渇きを感じさせることもあるでしょう。
現時点では、コーヒー等のカフェインを含む飲料も水分補給に役立つ飲み物だといえます。
水分摂取量を考えたとき、コーヒーを計算に入れてもよいということです。
とはいえ、コーヒーだけで一日の必要摂取量を補うのは勧められるものではありません。
他に水分を摂取しつつコーヒーを嗜むというのが理想的かもしれません。
そういう意味では完璧にふさわしいとはいえないかもしれませんね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる