オキシトシン

この物質は、母乳の分泌を促進したり、子宮を収縮させるホルモンとして古くからしられています。赤ちゃんがお母さんの乳首に吸い付くと、その刺激がお母さんの脳、具体的には脳下垂体に届き、そこでオキシトシンが合成、放出されて乳腺に至るとお乳が分泌されるといった流れです。しかしこのオキシトシンという物質は近年母乳の分泌だけではなく、様々な役割があることが報告されています。
たとえば、遺伝子操作でオキシトシンが造れないネズミは子育てをしなくなります。こうなると、種としての生存が危うくります。
つまり、オキシトシンという物質は社会性を担う物質であることがわかります。

他者との関係を維持するのにオキシトシン

他者との関係を維持するのにオキシトシンは重要です。オキシトシンは注射すると、不安が軽くなったり、鼻の孔に噴霧したら他人を信用するようになったという驚くべき研究結果もあるくらい心との関連性の強い物質です。さらに、脳で造られる物質であるオキシトシンが表皮でも造られることがわかっています。ということは、妊婦さんが病院で受けているメディカルアロマも、妊婦さんの表皮を刺激することで、オキシトシンの合成・分泌を促進できると考えれます。やはり夫婦でのスキンシップは大事ですね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる