アミノ酸に期待される効果

スポーツの分野でアミノ酸に期待される効果は、大きく分けて筋力の向上、持続力の向上、疲労回復・疲労予防の3つです。
筋肉を構成しているのはアクチンとミオシンというタンパク質で、このアクチンとミオシンの主成分はロイシン、イソロイシン、バリンというアミノ酸です。
この三種のアミノ酸は、側鎖が分岐している分子構造から、分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれています。

必須アミノ酸の約35%がBCAAで占められていて、筋肉の質を高める上で重要。

筋タンパク質に含まれている必須アミノ酸の約35%がBCAAで占められていて、筋肉の質を高める上で重要です。
激しい運動をすると、当然筋繊維は損傷を受けます、損傷を受けては修復することの繰り返しによって筋繊維が増え、骨格筋量が増加し筋肉が発達して、強靭なものとなっていくのです。
しかし筋繊維の材料となるBCAAが不足していると、筋肉の修復が十分に行われなくなってしまします。
その時にBCAAを補給してやることによって筋肉はしっかり修復され、次第に強くなります。

アミノ酸は運動に際して必要に応じてエネルギー源となる。

アミノ酸は骨格筋などを形成する材料だけでなく、運動に際して必要に応じてエネルギー源となるため、アスリートにとっては持久力を高める重要な栄養素となります。
激しいトレーニングや長時間の持久走などを行うと、糖質を使い果たしたあと、筋肉中のタンパク質を分解し、分岐鎖アミノ酸がエネルギー源として使われることになります。
この時、外から分岐鎖アミノ酸を外から補給してやることによって、筋肉の損傷や筋力の低下が予防できるだけでなく、運動エネルギーとしても利用されることになり、スタミナを長時間維持することができ、さらに筋肉痛や筋肉疲労の軽減にも役立ちます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる