なぜ子どものほうが言語をよく学べるのか。

子どもは大人よりも自然かつ効率的に言語を学ぶことができますが、これは大人のほうがスキルが上であることを考えると逆説的です。多くの人が、言語獲得は臨界期において最もよく学習される技術の1つであると考えられています。臨界期とは簡単にいえば、脳神経の可塑性が急激に高まる一定の時期というものです。

脳神経の可塑性が急激に高まる時期

Eric Lennebergは、思春期の成熟要因が、言語獲得を制御する神経メカニズムを変化させると提唱しました。
この見解を支持する証拠として、3〜39歳までに英語に日常的に触れ始めた、中国あるいは韓国からの米国への移民を対象にした古典的な研究があります。
文法の間違いを含む文のエラーをみつける課題を行ったところ、英語を母語とする話者には簡単ですが、第2言語としての学習者では米国に移住し始めたの年齢とともに成績が落ちました。

思春期以降、新しい言語を学習する能力を制限するものは何なのでしょうか。
発達研究では、先行学習が関連することを示しています。
母語を学習すると、その言語の音響パターンを検知するよう神経的特化が起こり、これによって後の第2言語学習と干渉が起こります。
しかし、発達の早い段階で言語に触れることで、神経回路がその言語で使用される音声単位や韻律パターンの検知にいわばチューニングされる形で学習されます。
母語に対して神経機構が特化することで、すでに学習された内容に基づくパターンを検知する能力は高まりますが、学習されたものに合わないパターンを検知する能力は下がります。
言語を話すのに必要な運動パターンの学習も、神経的特化を伴います。

臨界期をもたらす主要な要因

ある言語のために学習した運動パターンは、しばしば第2言語の発音のための運動パターンと相容れないことがあり、そのため、訛りなく第2言語を発音しようとする行為の妨げになります。
発達の早期には、神経パターンが十分に確立されるまでは干渉効果が最小であるため、2つ以上の言語を簡単に学習できます。
しかし、生まれて間もなく2つの言語が提示されたとき、脳がどのように2つの異なる言語の表象を扱うのかはよくわかっていません。
現在のところ、成熟はもちろんですが、経験が言語にとって発達的な臨界期をもたらす主要な要因であるという立場が支持されています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる