運動の前後にストレッチをいれる目的とは

「運動の前後にストレッチ!」は今や常識ですね。
特別な運動をしない人でも、肩こり・筋肉痛の解消やダイエット目的など、日常生活にストレッチを取り入れている人が多いのではないでしょうか。
「ストレッチ」は、アメリカのスポーツ理論として1970代から使われはじめ、日本で定着したのは1970年代の後半。
「ストレッチ(stretch)」とは、「伸ばす」「広げる」「引っ張る」などの意味で、その動作のことを「ストレッチング(stretching)」と言います。

スポーツにおけるストレッチの目的は、「筋肉や筋膜、関節などの柔軟性や可動域を向上すること」で、ケガの防止、疲労回復、リハビリなどの効果があると言われています。
例えば、運動時のウォーミングアップやクールダウンなどに利用したり、エアロビクス、ヨガ、ピラティスなどもストレッチを組み込んだエクササイズとして人気がありますね。

<静的ストレッチと動的ストレッチの違い>


実はこのストレッチ、「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」の2つに分類されるというのはご存知でしたか?
「静的ストレッチ」とは、動かずに行うストレッチのことです。
静止した状態から一定方向にゆっくりと筋肉を伸ばしていき、引っ張った状態を数十秒間キープするストレッチです。
疲労で縮こまった筋肉を伸ばすことにより血流を促進し、疲労を回復させたり、リラックスさせたりする効果があると言われています。

対して「動的ストレッチ」とは、一連の動きの中で行うストレッチのことです。
関節を動かしながら筋肉の伸縮を繰り返す方法や、反動をつけて大きく動かす方法などがあります。
「馴染み深いのは静的ストレッチ」という人が多いのではないかと思いますが、実は「運動前に静的ストレッチをやるのは間違い!」という研究データが次々と発表され、現在では、「ウォーミングアップは動的ストレッチを行うべし」という考えが主流になってきています。

そもそもウォーミングアップを行う目的とは何でしょうか?


●これから競技、運動を行うということ身体に意識させ、筋肉の反応速度を上げる。
●心拍数を上げる。
●身体を温める。
●筋肉の柔軟性や関節の可動域を広げる。
●ケガの防止のため、事前に疲労物質を取り除く。
などが上げられます。

これを静的ストレッチで行うことにはムリがあるのです。
動かないので、心拍数を上げたり、身体を温めるということにはつながりません。
心拍数が上がらなければ筋温が上がらず、柔軟性は向上しません。
また、静的ストレッチのリラックス効果により、反応速度が鈍くなってしまうとも言われます。
もちろん、静的ストレッチがまったくダメということではありません。
クールダウンで活用すれば、運動により縮んでしまった筋肉を伸ばすことで疲労回復につながります。
また、故障を抱えている人や身体が固い人にとっては、静的ストレッチが効果的であるとも言れています。
ストレッチは、目的や対象によってやり方を変える必要があるということです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる