高齢者の姿勢制御の優位性

高齢者における姿勢の特徴として、加齢変化とともに脊柱後彎を呈する割合が高く、脊柱後彎姿勢では骨盤後傾、膝関節屈曲、内反変形を伴うことが多いとされます。脊柱後彎姿勢では足圧中心(COP)、身体重心(COG)が後方化し、COP、COGともに前方移動がしづらくなります。

若年者の姿勢調節では足関節の役割が大きいのに対し、高齢者の姿勢調節では股関節の役割が大きい。

高齢者では若年者に比べ外乱に対する立位姿勢保持能力が劣り、若年者の姿勢調節では足関節の役割が大きいのに対し、高齢者の姿勢調節では股関節の役割が相対的に大きくなっています。すなわち高齢者では足関節制御に対して股関節制御が優位な姿勢調節を行っていることになります。さらに、高齢者の特徴として前足部の足底圧の低下、歩幅・股関節伸展角度の減少および屈曲角度の増加などが挙げられます。このようなことから、高齢者では静的・動的な姿勢調節とともに前方に対しての足関節制御を発揮しづらく、股関節制御に依存した動作を行う身体状況であることが言えます。

視覚、前庭迷路、体性感覚などの感覚入力系や筋骨格系の効果器などの出力系のさまざまな要因が影響。

姿勢制御には、視覚、前庭迷路、体性感覚などの感覚入力系や筋骨格系の効果器などの出力系のさまざまな要因が影響します。なかでも高齢者では、加齢に伴う足底の体性感覚低下や筋出力低下のために足関節制御を発揮しづらくなるとされます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる