尾骨痛について

女性の骨盤は、幅広く縦に短い構造となっています。

女性はこの構造によって尾骨損傷が起こりやすいとされています。

さらに女性は分娩によっても損傷が生じる可能性があると考えられています。

一般的には、地面への落下や転倒して尻もちをつくといったことによって直接的に挫傷することが多いようです。

また、殿部の組織が十分にない痩せた人の場合には、座位時に尾骨が損傷する可能性もあります。

いずれの原因にしても、尾骨に疼痛が生じ、これは尾骨に付着する筋が活動することによって惹起されます。

したがって、歩行や座位で疼痛を伴います。

場合によっては、排便時にも疼痛が出現する可能性があります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる