バランス能力と注意を向ける場所

立位でバランスを維持するとき、注意または意識をどこに向けるかによって、そのバランス能力に変化が生じるとされています。

それらの研究では、バランスディスク上の立位姿勢の保持において、それぞれ無意識、身体内部、身体外部(バランスディスク)に注意を向けさせた結果、身体外部に注意を向けさせたときのほうがよりバランス能力が高くなる傾向にあることが分かりました。

研究では、パーキンソン病患者や高齢者、足関節捻挫後の患者を対象にしており、一概にすべての例に当てはまるとは言えませんが、姿勢制御の観点から言えば、有意義な見解であると言えます。

これはつまり、立位姿勢が自動的に行われており、通常意識されることがないため、過度に注意を向けた身体では随意的になりすぎて、かえって協調的な動きが乱れてしまうからなのだと考えられています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる