暑熱順化と運動で夏を乗り切ろう

これからの季節さらに暑くなりますが、暑熱順化と運動は夏を快適なものしてくれるでしょう。

暑熱順化とは、簡単に言えば、身体を暑さに慣らすことです。

人は暑いところでは、皮膚血管を拡張したり、発汗量を増やしたりして、体温上昇を防ごうとするメカニズムが働きます。

そうした環境に繰り返し曝されることで、その環境に適応し、より効果的に放熱されるようになります。

これが暑熱順化であり、発汗機能の変化、汗の成分の変化、皮膚血管拡張の変化、血液循環量の増加などが影響しています。

このような適応は運動でも起こります。

環境省の熱中症環境保健マニュアル2014によると、「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動(ウォーキング等)を2週間程度で完成するとされています。

また、部屋では冷房を入れるとしても設定温度を下げすぎない、服装は薄着にするなどの環境条件、着衣条件も重要になります。

今からでもまだ遅くはありません。

暑熱順化と運動で快適なもっと良い夏にしてみてはいかがでしょうか。

ではまた。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる