子どもの筋力トレーニング

これまで青少年の子どもたちにとって、筋力トレーニングは成長を妨げるものである、不適切であると考えられてきました。

しかし現在では適切な指導のもと行われれば、安全で効果的かつ価値のある方法であるということが強く支持されています。

これらの考えは、ここ10年近くで大きくなり、筋機能を高めたり維持したりする身体活動プログラムへより多くの子どもたちを日常的に参加させることが、科学的研究によっても、公衆衛生面からも推奨されています。

現在のところ、適切な監督下で実施された筋力トレーニングにおいて、前青年期の男女児において身長の伸びが低下したという報告は見当たりません。

また、骨端軟骨が損傷したという報告もありません。

子どもたちが適切なトレーニングをつめば、発育発達に伴う筋力増加レベルよりもさらに筋力を向上させる可能性が多くの研究によって報告されています。

実際、8〜12週の短期間でのトレーニングによって筋力が30〜40%向上しています。

また、セット数などをさまざまに組み合わせ、いろいろなトレーニング方法を実施することが安全で効果的なコンディショング方法であることが証明されつつあります。

子どもたちは血中ホルモン濃度が筋肥大を起こすのに十分ではないため、前青年期のトレーニングによる筋力の向上は主に神経系の適応によるものだとされます。

しかし、動作スキルのパフォーマンスや筋群間のコーディネーションの向上に加えて、筋そのものの適応もまた、筋力の増加に貢献している可能性があります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる