筋膜細胞への直接的な伸張の効果

一般に、細胞外マトリックスへの張力が増加すると、コラーゲンの生成を促進する線維芽細胞が刺激され、マトリックスの厚さが増加します。

そして実際には、細胞とそれらの線維は、張力負荷に反応して、正しい位置に配置され、機能変化や遺伝子発現を示します。

しかしこれは自らを制限する過程といっていいでしょう。

いったんマトリックスが十分に高密度化すると、細胞は伸張を感じることができなくなります。

そのため恒常性を維持するための新たなコラーゲンの産生は減少します。

筋膜の周期的な機械的ストレッチは、遺伝子の発現の形態学的な変化と、細胞内および細胞外マトリックス基質に影響を与えるタンパク質の合成という反応を起こします。

ストレッチよって効果が十分に長く継続するのではなく、ストレッチの十分な反復がそのような効果を生じさせる可能性があります。

創傷、姿勢、そしてスポーツまたは仕事などの反復した活動に反応し、細胞が長期間にわたり、伸張下におかれると、それらは複製される傾向があり、また、四方八方から圧迫された細胞は、自ら細胞死する傾向があります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる