ミルキングアクションをうまく使う

筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切です。その理由は血流に大きく関係しています。血液は心臓の働きで全身を循環しています。まっすぐ立っている状態のとき血液は重力に逆らいながら心臓に戻ってくるので、血液を下半身に循環させる心臓の負担は大きいです。その負担を補っているのが「ミルキングアクション」で、これは下半身の筋肉が血管の周囲で収縮と弛緩を繰り返し、血液の循環を補助しているのです。

ミルキングアクション

強い強度のトレーニングを行うと心拍数が上がり、血流の量が多くなります。それに応じてミルキングアクションも活発になりますが、突然運動を中止してしまうと、ミルキングアクションも止まってしまいます。そうすると心臓に大きな負担がかかると同時に、血流の量も減ってしまい、貧血のような状態になってしまいます。場合によってはめまいや吐き気を生じることもあります。筋肉に対する直接的な影響としては、ミルキングアクションが止まることで筋肉内の血流も弱くなり、疲労物質が残ってしまい、結果として疲労回復が遅れてしまいます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる