ファンクショナルトレーニングは、アスリートだけのものではない

ここ数年で、プロスポーツ選手のトレーニングの際に、「ファンクショナルトレーニング」というワードをよく聞くようになりました。

そこで今回は、その「ファンクショナルトレーニング」について話していきたいと思います。

ファンクショナルトレーニングとは、簡単に言うと、動きの連動性や協調性を高めることを目的としたトレーニングです。

これを行っている人の多くは、スポーツをやられていますが、果たしてアスリートだけが行うべきものなのかというとそうではありません。

スポーツをやらない人でも、日常的に運動もしくは動作をしています。

その日常生活での動きでも、連動性や協調性は非常に重要となってきます。

この2つのことが上手く出来ていないと、無理に腰を反ったり、使わなくていい場面で肩の筋肉を使っていたりということが起きてしまいます。

そこから、怪我に発展するという流れにあります。

つまり、ファンクショナルトレーニングは姿勢や動作を改善し怪我の予防にも繋がります。

このようなことを考えると、ファンクショナルトレーニングは誰にも必要なトレーニングとなってきます。

ファンクショナルトレーニングの詳細に関しましては、また後日ご紹介させていただきます!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる