呼吸と動きのリズムについて

呼吸で動きのリズムを作る。

呼吸と動きのリズムは、非常に重要です。

例えば野球で、選手は意識していないと思いますが

ボールをキャッチして次に送球するときには必ず呼吸のリズムがあります。

それは、その人が持っているリズムで、

動きがギクシャクしている選手は呼吸が下手です。

ボクシングではパンチの時にシュッシュッと息を吐きながらパンチを出していますがあれはまさにその通りで、その辺の動きと呼吸が結びついているのです。

呼吸は意識と無意識の両方にまたがっているので、うまけ呼吸を制御できる人は自分の気持ちを落ち着かせる事ができるし、自律神経をコントロールできるので、極端に言うと心拍数や血圧を呼吸で変わります。

選手や患者様にも呼吸への関心が高まれば嬉しいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる