ローカル筋とグローバル筋

筋肉には、いろいろな分類をすることができます。

今回はそのいくつもの分類の中で、「ローカル筋」と「グローバル筋」の2つの分類について話していきたいと思います。

まず、ローカル筋はサイズ的には小さく、筋肉の中でも深部に位置ます。

役割としては、関節におけるそれぞれのパーツ(骨など)間の安定性を高め、骨などの過剰な並進運動を抑えてくれます。

これらの筋は、動作中の軌道の変位を抑え、骨などの過剰なずれも防ぎ、理想的な位置を促してくれます。

つまり、関節運動というよりは、関節運動の補助がメインとなります。

次に、グローバル筋は関節運動とその方向を生み出します。

またローカル筋と違って、筋長が大きく変化します。

低負荷の活動でも高負荷の活動でも働きます。

効率的な動作を行うには、ローカル筋とグローバル筋の両方が共に働くことが重要となってきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる