体力の源はカラダとココロ

「私には体力がない」「僕には体力がない」

こんな言葉を運動しているときに聞いたことはありませんか?

むしろ、言ったことはありませんか?

あなたが思っている体力は、本当に体力でしょうか?

そこで、今回は体力について話していきたいと思います。

体力は、広く述べると、「ヒトが生きていくために必要な能力全般」とも表現できます。

身体的要素だけではなく、精神的要素も体力に含めるということです。

ヒトの生活や行動を支える多くの能力は身体なものと精神的なものに完全に分離して考えることは不可能なのです。

「今から○○をしよう」という精神的要素は、「○○」という身体的要素に大きく関連しています。

つまり、精神的要素と身体的要素の相互関係を踏まえた上で、体力を考えることが重要となってくるのです。

だから、身体的要素に余裕がっても、気持ちが行動に反すれば、体力はないとも言えます。

このことから、ヒトはカラダだけではなくココロも健康でなければならないということです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる