運動の本質

運動は個体・運動課題・環境の3つの因子の相互作用で発生しています。

運動は運動課題に特異的であると同時に環境によって制約されます。

つまり、個体は運動を発生させるが、その運動は特定の環境下で遂行される運動課題の要求に合致するように発生してきます。

運動課題と環境との相互作用に適合するという個体の許容能力は、その個体が機能t系に運動するための能力を決定します。

したがって、個体が運動を行う環境、あるいは個体が実行している運動課題を考慮に入れない研究、すなわち、個体の中だけで行われる処理過程だけに焦点を絞った運動制御の研究からは、運動の本質についての完全な姿は見えてこないのです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる