野球肘とテニス肘

野球やテニスをしている人には、肘の故障が多く見受けられます。野球肘やテニス肘といわれているこの傷害ですが、なぜこのような競技をしている選手に多いのでしょうか。

関節の構造を見ると、肘は一軸性関節という構造をしています。一軸性関節とは肘のように、曲げる・伸ばすという一つの面の動きしかできず、横に倒したり回転させたりといった動きができません。野球では投球動作、テニスではラケットを振る動作の時に腕を振りますが、その過程で、肘を横に向けたまま動かすところがあります。肘は横に動かすことができないので、肘の周りにある靭帯が横に動かないように骨同士を引っ張ります。その結果骨と靭帯の接合部に炎症が起きたり、骨が剥がれたりするのが野球肘やテニス肘と言われているのです。

このような症状の原因は主に、肘の使いすぎやフォームの悪さにあります。なにごともまずは正しいフォームを身に付け、やりすぎないようにしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる