ドローインで体幹は安定するのか

腹部のインナーマッスルのトレーニングとして、ドローインという方法がよく知られています。ドローインとは、息を吐くと同時にお腹をへこませる方法です。果たしてこの方法は体幹トレーニングとして有効でしょうか。

お腹をへこませる動作は腹横筋という腹部のインナーマッスルを収縮させます。腹横筋は体幹部をぐるりと取り囲んでおり、体幹を安定させる筋肉としても有名ですが、腹横筋を鍛える=体幹を安定させるとは言い切れません。

体幹を安定させるためにはお腹の中の圧力(腹腔内圧)を高くする必要があります。腹部のインナーマッスルは腹横筋のほかに、横隔膜、多裂筋、骨盤底筋群などがあり、それらがバランスよく機能することで腹腔内圧が高まります。つまり、腹横筋単体で鍛えても、他のインナーマッスルが機能していなければ腹腔内圧は低下し、体幹は安定しないということです。ドローインの場合、お腹をへこませようとして肋骨を開いてしまうと、横隔膜は弛緩します。この状態では腹圧は低下し、体幹は安定しませんよね。

呼吸を使ったトレーニングにはもう一つ、ブレイシングという方法もあります。ブレイシングはお腹をへこませるのではなく、息を吐いて肋骨を下げるというものです。腹横筋だけでなく、他のインナーマッスルも収縮させることが出来るので、体幹の安定にとても効果的な方法です。

腹横筋が弱いという人には、筋力トレーニングとしてドローインも良いかもしれませんが、体幹を安定させたいときにはブレイシングも試してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる