関節包と腱板筋による上腕骨頭の中心化

肩甲上腕関節における随意運動の際、活動する回旋筋腱板の力は動的な安定性を提供するうえで重要な役割を果たします。活動する筋力は関節窩上の適切な位置に上腕骨頭を維持するために伸張された関節包靱帯に生じる他動的な力と一緒になって働きます。

肩甲上腕関節の動的安定性

肩甲上腕関節の動的安定性はこれら自動および他動的な力の相互作用に大きく依存しています。それは特にこの関節がもともと適合性が不良で、関節に十分な骨性要素を欠いているという理由によるものです。このメカニズムの例として肩甲上腕関節で自動的外旋を生じる棘下筋の収縮から考えてみると、棘下筋は一部が関節包に付着しているため、この筋の収縮によって関節包後部の運動中のたるみが防止されます。関節包後部線維の緊張の維持は活動筋の自然な弾力性と一緒になって自動的な肩外旋の最中、関節後面を安定させます。

健常な肩では関節の前面もまた自動的な外旋中、安定します。伸張された肩甲下筋に生じる他動的緊張、前関節包、中関節包靭帯、烏口上腕靭帯などすべての組織が前関節包に硬さを付加します。したがって、自動的外旋の際、これらの力は関節の両面に発生し関節窩に対して上腕骨頭を安定させるとともに骨頭を中心に向けます。

H3見出しb

肩甲上腕関節の過剰に短縮した関節包は、この上腕骨頭の中心化のプロセスの効果を阻害します。例えば、自動的外旋の際、著しく短縮した前関節包は大きな他動的な力を形成し、これにより上腕骨頭は正常に比べはるか後方に位置する結果を招きます。このメカニズムは関節窩に対する骨頭の位置を中心化するのを阻害し、関節内に異常な接触を作り上げます。これとは反対に自動的内旋の際、過剰に短縮した後関節包は骨頭を前方に変位させます。この状況は肩甲上腕関節の不安定性やインピンジメントの考えられる関連因子となり得ます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる