スポーツの場面での「かけ声」の効果

身体活動と呼吸との間には密接な関連があります。
一般的には吸気相では促通性に、呼気相では抑制性に働くといわれています。
最大努力で力を出す場合には、吸気相から止息相で発揮した値が最も多くなります。
上腕屈曲力を対象とした呼吸の位相と最大筋力との関連性を12名の平均でみると、呼気相では27.7㌔、吸気相では27.8㌔、止息相が30.2㌔、「かけ声」では31.5㌔の順に増大しました。
スポーツの場面を見てみると、柔道や剣道での「かけ声」や「気合い」は能力を高める効果があります。

「かけ声」を利用することによって、筋収縮の立ち上げが加速される。

昨今では、テニス、重量挙げ、ハンマー投げなどの競技でも「かけ声」を利用していますが、いずれも素早い動作場面で用いられることが多いです。
それは、「かけ声」を利用することによって、筋収縮の立ち上げが加速されるというところにあります。
神経筋機能の視点から「かけ声」の効果をみると、かけ声の試行が無声に比べて筋収縮の初期段階において高い値を示します。
これは「かけ声」によって大脳の興奮水準が高められることを意味しており、その結果筋収縮の立ち上げは加速されるのです。
実際に「かけ声」を積極的に取り入れる剣道の打撃動作において、中段の構えから素早い正面打撃動作を行ったときの打撃動作時間は、「無声」に比べて動作前と動作時に「かけ声」を発するほうが短縮します。
効果的な発声のタイミングは競技種目やトレーニングによって異なりますが、スポーツにおいて素早い動きが必要な時に恥ずかしがらずに一度「かけ声」試してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

閉じる