ATHLETE SUPPORT

フィジオ福岡はアスリートのサポートも行っています。

トレーニングを行う上で大事なことは、ヒトの動作システムを考えること。

トレーニングを行う上で大事なことは、ヒトの動作システムを考えることです。ヒトの動作システムは、身体の関節、筋筋膜、神経、結合組織システムの協調された相互作用とともに、様々な中枢神経系、生理学的または心理社会的影響によって構成されています。動作システムのすべての要素における特定の機能障害を評価、修正し、関節、筋筋膜、神経、結合組織システム間の力学的な相互関係を評価し、より適切化していくことで最高のパフォーマンス発揮ができるカラダを目指します。そのため、我々フィジオ福岡が行うアスリートトレーニングのメインはファンクショナルトレーニングであり、トレーニングによって身体機能を改善し、パフォーマンスを高めるトレーニングを目的としています。まずは「動き難さ」やパフォーマンスの低下、アスリートやクライアント自身の感覚と外側から見た客観のズレの修正のためのトレーニング指導を最初に行うことから始まっていきます。

最適な動作とは、機能的タスクと姿勢制御活動が効率的、且つ生理学的なストレスが最小限で制御された状態で行われる。

正常な、あるいは理想的な動作というのは存在しないと言っていいでしょう。なぜなら唯一の正しい動きというものは存在しないのだから。様々な筋動員ストラテジーによる様々な異なる方法で、機能的タスクを行うことができるというのが本来正常といえるでしょう。最適な動作とは、機能的タスクと姿勢制御活動が効率的に、そして生理学的なストレスが最小限で、制御された状態で行われます。これには感覚フィードバック、中枢神経系の処理、運動の協調を含む神経-筋制御の要素の統合的な働きが求められます。これを実現することができれば、効率的で障害のない姿勢制御、運動機能を実現しスポーツパフォーマンスにおいても高いパフォーマンス発揮が可能となるでしょう。

パフォーマンスを考える上でのピラミッド

スポーツパフォーマンスというものは、一般的には「その競技スキル」によるものと考えられますが、この「スキル」はパワーやスピードなどの身体パフォーマンスの上に成り立ち、さらにはその「身体パフォーマンス」は実際にその運動を行う「本人」の「機能的動作」の上に成り立つものです。どんなにスキルがあっても、それを上手に使いこなせるだけの母体となるカラダがしっかりしていなくては持っているものの半分のパフォーマンスもでないということになります。我々はトレーナーというカラダの専門家という立場から、高いスポーツパフォーマンスを発揮するために必要なカラダの動き、機能的動作を研究し、その評価、指導を行い、最終的に競技特性のパフォーマンスを向上させるという、回りくどいようで実は一番の近道となる「パフォーマンスアップ」のサポートを行っています。

パフォーマンスアップのため段階的なトレーニングプログラムの提供を行っています。

まずは人としての基礎機能、ファンクショナルな部分のトレーニング、適切な動きができているかどうかの評価、それの修正エクササイズ、いわゆる「コレクティブ・エクササイズ」を行い、問題点の改善を行いながら、従来の筋力トレーニングである「ストレングス・トレーニング」へ移行していきます。アスリートの場合、最終的にはこのストレングストレーニングでどれだけ筋肉量を高め、筋発揮能を向上させるかが大きなポイントになります。ストレングストレーニングは基本的なトレーニングである『BIG3(ベンチプレス・スクワット・デッドリフト)』を中心にしっかりと筋発揮できるようにトレーニングを行います。
コレクティブエクササイズもストレングストレーニングもどちらも大切なものであり、いずれか一方が欠けてもパフォーマンスの向上や障害の軽減にはつながってこないものです。コレクティブとストレングスの両者をバランスよく使い分け、なおかつ両者の中に1つの繋がりをもたせリンクしながら、質の高いセッション1つ1つを展開し、安全に効果的に効率よくパフォーマンスの向上、障害の軽減をもたらしていくことが重要になると考えています