ABOUT PHYSIO FUKUOKA

フィジオ福岡の目指すところ

アスリート基準の質の高いトレーナーサポートを全ての方に。

我々フィジオ福岡ではこれまで多くのアスリートのトレーナーサポートを行ってきました。
その中で培ってきた本物の知識、本物の技術を日本中どこにいても、誰にでも受けていただきたい。
そういう想いのもと、フィジオ福岡のサービスを子どもから高齢者まで、目的においても日々の体力作りからアスリート向けトレーニング、リハビリテーションの分野まで幅広くご提供させていただいております。
我々トレーナーがもつ知識、技術がみなさまの「幸せ」のために、幅広くお役に立てることを目指し、より質の高いサービスの提供ができるよう日々邁進しております。

トレーニングとケアの一元化、我々の目指すサービスの柱です。

トレーニングや運動は、フィットネスクラブへ。そしてカラダのケアは家の近くの整骨院で。
お客さまとお話しているとそのようにおっしゃる御客様が多いことに驚かされます。

個人での運動意識があることは非常に良いこと、かつケアもしっかりと行っているのであれば尚良いこと。
しかしながら、実際のところなかなかうまくこの2つをコントロールすることは難しいのが現状です。
運動はするけど、ケアはあまりしない。
もしくはカラダのケアにマッサージは受けに行くけど、運動はあまりしない。
このようなケースに当てはまる方は多いのではないでしょうか?

我々トレーナーが行うサービスの柱には、「トレーニング指導」「コンディショニング」というものがあります。
「トレーニング指導」と言えば、筋力トレーニングを行うようなイメージがあるかもしれませんが、実際行うトレーニングは多岐にわたり、姿勢や呼吸、歩き方などの指導から、日常生活における適切な動作のトレーニングまで。
実際に筋力トレーニングよりもそのような動作指導が多いのが「トレーニング指導」かもしれません。

大事なことはいかに適切な動作を行えるか。
それは動きだけではなく、動作の質的要素、時間、速度なども含めた動きの習得と、その動きを学習するための動感身体知と呼ばれるような「動きの感覚」を身につけることが重要であり、その上で筋力などの要素が重要になるものと考えております。
また動きを作る上で、身体機能、身体機構のようなアライメント、可動性、安定性などの要素はトレーニングだけではなくケアで対処していったほうが早いものも存在します。
そこでマッサージやストレッチ、軟部組織に対するモビライゼーションや感覚促通を目的とした手技療法など、様々な刺激に対する「感覚統合」を目指すための「コンディショニング」というものが求められます。

長きにわたり最前線でアスリートをサポートすることで培ってきた「トレーニング指導」「コンディショニング指導」のノウハウを広く皆様にご提供していくことで、我々トレーナーが健康でより良い社会に貢献していけるように、皆様の健康維持にお役に立てるよう、最高のサポートをさせていただきます。

最新のトレーニング科学的知見に基づいたトレーニング指導&コンディショニングを。

LIFEORDERスポーツ医科学研究所

我々ライフオーダーはこれまでパーソナルトレーニングジム「フィジオ福岡」の運営の傍ら、トレーナー向けのセミナーの開催やトレーナー育成機関での教育といった業務を行ってきました。
雇用者側は即戦力のトレーナーを求めるなかで、大規模な学校教育では専門的で細やかな育成ができないという問題から、現場が求める即戦力のレベルに達していないことが多く、配属先で再度教育を受けるという問題が頻発しています。
そこで、現場と教育の両面で戦ってきた我々ライフオーダーこそが、最前線で必要とされるトレーナーの育成に努めることができるのではないと思い、このLIFEORDERスポーツ医科学研究所という一大プロジェクトを立ち上げました。