カタボリックとアナボリック

トレーニングをしている人の間でよく使われる言葉に、カタボリックとアナボリックというものがあります。簡単に言えばカタボリックは分解、アナボリックは合成です。もう少し詳しく見てみましょう。

基本的に、運動をすると筋肉は分解されてカタボリック状態になり、ご飯を食べると筋肉が合成されてアナボリック状態になります。筋肥大をする時にも、ダイエットをする時にも、このカタボリックとアナボリックのバランスが重要です。筋肥大をしたい時に、トレーニングを長時間行っているのに食事の量が少ないと筋肉はカタボリック状態になります。ダイエットをするうえでも、タンパク質の摂取量が少なすぎると代謝が落ち、体脂肪が減りづらくなる原因にもなります。

運動をする際にはカタボリックとアナボリックのバランスを考えて、運動量に見合った食事を摂るようにしましょう。

関連記事

  1. 筋・筋膜痛について

  2. Delayed Onset Muscle Soreness|フィジオ福…

  3. 筋タンパクの同化と異化について|フィジオ福岡 同化と異化について考える…

  4. 頸肩腕症候群とは?

  5. 五十肩とそのアプローチを考える|フィジオ福岡 五十肩をどう考える

  6. 膝にみる膝窩筋の動的制御機構|フィジオ福岡 膝の動的安定化機構

閉じる