ウイルスに負けないために

毎日、仕事や家事、子育てに奮闘している方多いと思います。
疲れは溜まっていませんか??

疲労は注意力や体力を低下させるだけでなく、免疫力も低下してしまいます。
今、世界で流行っている、新型のコロナウイルスに負けないためにも、疲れを溜めず、免疫力を低下させないことが大切です。
疲れが溜まる前に、しっかり対策をとっていきましょう。

疲れの原因物質

働きすぎや睡眠不足、ストレスなどによって人は肉体的な疲労や精神的な疲労を感じます。
その原因物質の一つが活性酵素です。
活性酵素とは体内に取り込まれた酸素の一部が変化したもので、他の物質を酸化させる力が強い酵素のことを言います。
細菌やウイルスが体の中に入ってくると攻撃するなど、免疫機能で重要な役割をしてくれます。
しかし、老化や過労などによって体の機能が低下して体内に過剰に増えると、正常な細胞も攻撃してしまい、疲労や老化の原因になってしまいます。

疲労回復には

疲労回復には、十分な睡眠とバランスの良い食事が基本です。
三大栄養素とともに、その代謝に欠かせないビタミンB1やB2、パントテン酸などしっかり摂ることが大切です。
そばや玄米、豚肉、魚介、レバー、卵、チーズなどビタミンB1とB2を含む食材を意識的に取り入れてみましょう。
パントテン酸は、たらこ、納豆、鶏胸肉、鶏ささみ、アボカドに含まれています。
また、活性酵素から体を守るために抗酸化作用のあるビタミンCを含む赤ピーマンやレモン、グレープフルーツなどを摂ると良いです。
疲れが溜まっていると感じたときは胃腸に負担がかかるような食事は避けたいものですね。

しっかり睡眠と栄養バランスの整った食事を心がけ、疲れを残さないようにし、流行りのウイルスに負けないように頑張っていきましょう。

関連記事

  1. 糖尿病を予防しよう

  2. チョコの効能

  3. 花粉症

  4. コラーゲン

  5. アボカドの栄養

  6. バレンタイン

閉じる