プロテイン活用法

筋肉を作るためにはタンパク質が必要です。タンパク質は食べ物から摂取することが基本ですが、プロテインをうまく利用すればより効率的にタンパク質を摂取することができます。今回はプロテインの飲み方について説明します。

筋肉を肥大させるためには、運動後30分以内にタンパク質を摂取するのが良いといわれています。しかし食事から摂取したたんぱく質はアミノ酸まで分解して吸収するのに3~4時間もの時間がかかってしまいます。運動をする3時間ほど前に食事を済ませていれば別ですが、大抵の場合運動をしてお腹が空いてからご飯を食べますよね、そこでぜひ活用したいのがプロテインです。プロテインは消化吸収に要する時間が短いため、運動によって傷ついた筋肉をすぐに修復することができます。消化器への負担も少ないので、おなかの調子が良くないときのタンパク質補給にも最適です。

タンパク質は体のあらゆる構造を形作る上でとても重要です。筋肥大以外に、美肌や貧血予防などのためにも、プロテインをうまく使ってみてはいかがですか。

関連記事

  1. 食品添加物の基礎知識

  2. 納豆の栄養

  3. 熱中症の予防対策

  4. 発達における姿勢コントロール|フィジオ福岡 運動発達と姿勢のコントロー…

  5. 2月3日 節分の日

  6. 腸は全ての基本です!②

閉じる