リンパと免疫力

むくみの改善方法として代表的なものに、リンパマッサージがあります。リンパ液は全身に流れて老廃物の運搬を行っていることは有名ですが、実は免疫力にも関わっています。

リンパ液には白血球やマクロファージ、好中球などのリンパ球が存在します。これらの細胞は侵入したウイルスを食べて殺菌する作用を持っているため、リンパの流れが滞ると侵入してきたウイルスを除去する機能が低下します。結果的に免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、感染症にかかった時に重症化しやすくなってしまうのです。

これを防ぐためにリンパの流れを良くしておく必要があります。そのためにはリンパマッサージはもちろん、体温を上げることが効果的です。1日の終わりには夏でも湯船につかってマッサージをするなど、日ごろからリンパを流すようにしましょう。

関連記事

  1. 「脳震盪」発生時の対応について | フィジオ福岡 緊急時対応

  2. 白血病

  3. コレステロールと動脈硬化 | フィジオ福岡 血管の科学

  4. ダイエッターのための高度不飽和脂肪酸の働き | フィジオ福岡 ダイエッ…

  5. 膝関節の骨形態を考える|フィジオ福岡 膝関節のアプローチ

  6. 夏バテ対策!

閉じる