ゴールデンタイムってある!?

『トレーニング後のゴールデンタイムにはプロテインを飲もう!』
とよく聞かれるのではないでしょうか?

トレーニング後にアナボリック作用(筋合成)が高まっている状態のことをアナボリックウィンドウといいます。
トレーニング後に栄養を摂る目的の一つは、効率的に筋肉を大きくするためや筋分解を防ぐためにしていると思います。

筋肥大を効果的に促すためには、1番よいタイミングに栄養摂取をしていきたいものですね。

トレーニング後に筋たんぱく合成効率が最も高まっている状態が、トレーニング終了時から30分後までがピークの時間帯です。
その後、約45分〜1時間後までは高い状態をキープしていると言われています。

しかし、これは『たんぱく質の吸収率』が高い状態なのではなく、『筋たんぱく質合成効率』が高い状態にあります。
これをゴールデンタイムと言います。

例えば、トレーニングの30分後にホエイプロテインを飲んだとしても、血中アミノ酸濃度がピークになるには約1時間ほど必要になり、筋たんぱく合成効率が最も高いタイミングには時差が生じてしまいます。

筋肥大を効率的に行うなら、筋たんぱく質合成効率が高い状態と、たんぱく質を摂ってから血中アミノ酸濃度がピークになる状態をリンクさせることが重要になってきます。

トレーニング後の摂取タイミングと種類を考えるのも大切ですね!

関連記事

  1. 甲状腺機能亢進症とは

  2. お酒と上手に付き合うために

  3. 膵臓の働き

  4. 良質な睡眠をとるための栄養素

  5. 怪我と栄養

  6. 子供の体重は母親譲り!?

閉じる