短気は寿命が縮まる!!

怒りを感じると交感神経が高まり、脈拍が速くなり血管が収縮し、血圧が上がり筋肉が痙攣を起こす。

これらは一時的に怒りを感じた時になる症状で、時間が経てば収まります。

しかし、数ヶ月、年単位で慢性的に怒りが持続すると常に交感神経が過緊張状態になり

心筋梗塞や脳梗塞など引き起こすことがあります。

普段イライラしがちな方は、休日に運動をし、汗をかいてリフレッシュするのもいいかも知れませんね。

関連記事

  1. 腰痛とトレーニング|フィジオ福岡 腰痛改善とトレーニング

  2. スウェイバック姿勢を腰背筋膜から改善する

  3. スポーツにおける胸椎回旋を拡大する

  4. 運動制御の中枢であるcentral nervous system|フィ…

  5. 頭痛診断の適正基準|フィジオ福岡 頭痛対策

  6. 熱中症の予防対策| フィジオ福岡 熱中症予防のススメ

閉じる