短気は寿命が縮まる!!

怒りを感じると交感神経が高まり、脈拍が速くなり血管が収縮し、血圧が上がり筋肉が痙攣を起こす。

これらは一時的に怒りを感じた時になる症状で、時間が経てば収まります。

しかし、数ヶ月、年単位で慢性的に怒りが持続すると常に交感神経が過緊張状態になり

心筋梗塞や脳梗塞など引き起こすことがあります。

普段イライラしがちな方は、休日に運動をし、汗をかいてリフレッシュするのもいいかも知れませんね。

関連記事

  1. 生体に生じる癒着を考える|フィジオ福岡 軟部組織の癒着

  2. 顎関節と姿勢|フィジオ福岡 デスクワークの姿勢をどう変えるか

  3. 深呼吸で自律神経を整える。

  4. 筋の緊張をコントロールする抑制性回路|フィジオ福岡 筋緊張に対するアプ…

  5. コンパートメント症候群(下腿部)について|フィジオ福岡 下腿部の障害

  6. 体重の構成要素と体格指数|フィジオ福岡 ダイエットの科学

閉じる