短気は寿命が縮まる!!

怒りを感じると交感神経が高まり、脈拍が速くなり血管が収縮し、血圧が上がり筋肉が痙攣を起こす。

これらは一時的に怒りを感じた時になる症状で、時間が経てば収まります。

しかし、数ヶ月、年単位で慢性的に怒りが持続すると常に交感神経が過緊張状態になり

心筋梗塞や脳梗塞など引き起こすことがあります。

普段イライラしがちな方は、休日に運動をし、汗をかいてリフレッシュするのもいいかも知れませんね。

関連記事

  1. ストレッチに傷害予防の効果はあるのか?|フィジオ福岡 ストレッチの真実…

  2. X脚・O脚の生理的骨形態と幼児期にみられるブロント病|フィジオ福岡 下…

  3. 「コアトレーニング」と「正しく呼吸をする」こと。 |フィジオ福岡 コア…

  4. 肘部菅症候群について|コンディショニング福岡

  5. 代謝をあげよう①

  6. 運動発達と感覚統合|フィジオ福岡 発達と感覚統合の考え

閉じる