GI値

糖質を含む食品には高GI食品と低GI食品があります。GIというのはグリセミックインデックスの略で、食後の血糖値の上昇を表す指標として使われています。糖質制限ダイエットというものがありますが、このGI値をうまく使えば楽に糖質を減らすことができます。

GI値の高い食品は食後の血糖値を急上昇させ、インスリンの過剰な分泌を促します。過剰に分泌されたインスリンは脂肪の合成を促進してしまうため、体脂肪増加の原因になります。これに対して低GI食品は食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるため、体脂肪の増加を抑えることができます。つまり糖質という分類は同じでも、太りやすい食品と太りにくい食品があるということです。

高GI食品の中で特に気を付けたいのが砂糖です。砂糖はお菓子や煮物料理などを中心にありとあらゆる食品に含まれているため、意識しなければ過剰摂取になりがちです。玄米やナッツ類、チーズなどは低GI食品に分類されるため、ご飯を白米から玄米に変える、おやつはケーキではなくナッツやチーズを食べるという風に変えるだけでも体脂肪の増加を防ぐことができます。

ダイエットは我慢すればいいというわけではありません。「減らす」だけではなく「置き換える」を活用して、無理なく体脂肪を減らしましょう。

関連記事

  1. 肥満と脂肪の関係性|フィジオ福岡 ダイエットプログラムにおける脂肪燃焼…

  2. 代謝量

  3. 脂肪の役割と体脂肪|フィジオ福岡 健康科学

  4. 食後の眠気|フィジオ福岡 お昼ご飯のあとは眠くなる

  5. 「筋トレをしたら太くなってしまう」は正解か?|フィジオ福岡 ダイエット…

  6. 減量期における糖質制限|フィジオ福岡 ダイエットのための栄養指導

閉じる