二日酔いにはアミノ酸を

ジムに来られるお客様からよく聞く言葉が「二日酔い」です。

トレーニングやダイエットにアルコールは良くはないですが、0にするのも難しいところです。

お酒を飲んだ次の日は「しっかりと動かないと」と思う方も多いと思いますが、二日酔いなかなか動く気分にはなりません。

二日酔いを緩和するためには、どのようなアミノ酸を摂取すれば良いのでしょうか?

アラニン

アラニンには肝臓の機能を向上させる機能があります。

アルコールの成分であるアセトアルデヒトは肝臓でしか分解されないためアラニンを取り分解をサポートすると、二日酔いが軽減できます。

また、お酒が弱い人はアセトアルデヒトの分解が遅いため、アラニンを摂取することによって分解を促進し、酔っ払うのが遅くなるかもしれません。

よって、おつまみとしてはアラニンが多く含まれる貝類やレバーが良いです。

貝類は味噌汁として体に入れることによって、アラニン+水分を同時に補給できるのでおすすめです。

グルタミン

グルタミンは肝臓に貯蔵されておりアセトアルデヒトを分解する効果がありますが、元々の貯蔵されている量は多くないため飲み過ぎはいけません。

アルコールはアルコール→アセトアルデヒド→酢酸→水・二酸化炭素の順番で代謝されますがアルコールを肝臓の機能以上に飲んでしまうとアセトアルデヒトが体内に周り二日酔いの状態になります。

このときにグルタミンを入れることによって分解が促進され、体内にアセトアルデヒトが滞在する時間を減らすことができるため、二日酔いが軽減されます。

また、アルコールによる胃腸の荒れもグルタミンで解消できるため飲む前にグルタミンを摂取を摂取するだけでも胃腸の問題は解決できます。

グルタミンは卵や肉などタンパク質が多く入っている食材には含まれるためアラニンよりは摂取が簡単です。

 

よって、二日酔いの日はしっかりとアミノ酸、特にアラニンとグルタミンを摂取していきましょう

関連記事

  1. 大腿骨近位部骨折

  2. 膝関節の骨形態を考える|フィジオ福岡 膝関節のアプローチ

  3. 慢性疲労症候群とは

  4. 骨の強化を心がける

  5. 睡眠コンディショニング|フィジオ福岡 睡眠を科学する

  6. 痛風

閉じる