睡眠不足は太る原因

睡眠不足は太る原因。

一見関係なさそうに感じますが、私たちの生活にとって密接に関係してます。

では、睡眠時間と太る原因を

ホルモンの乱れと、人間の本能に分けて説明していきます。

ホルモンの乱れ

ホルモンの乱れは「グレリン」と「レプチン」の分泌に影響します。

グレリンとは胃から分泌されて、脳の視床下部にある食欲中枢を刺激して、食欲の増進に働きます。

レプチンは脂肪細胞から分泌され視床下部の満腹中枢を刺激し、食欲の抑制に働きます。

 

そして、睡眠不足になるとグレリンが増えて、レプチンの分泌が減ってしまいます。

つまり、満腹感が感じにくくなり、ついついたくさん食べてしまいます。

人間の本能

人間は本来、命の危険が隣合う中、動物を仕留めて生きながらえていました。

今現在は、お金があれば食べたいものがいくらでも食べれます。

 

時代は変わりましたが、人間の本能は変わりません。

狩猟をしていた時代、危険な日々を生きていく中でカロリーの高い食べ物は非常に貴重は栄養源です。

 

そして現代、睡眠不足は我々の身体にとって立派は危機です。

その危機に備えようと、身体が高カロリーの食べ物を欲したくさん蓄えようとします。

この身体の仕組みによって、睡眠不足の状態では高カロリーのジャンクフードや甘い物をたくさん食べてしまいます。

 

暴飲暴食を避ける為にも、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

 

関連記事

  1. 頚部捻挫

  2. 運動でストレスから身を守る

  3. 疲れ目を解消するには

  4. 寝違いについて|コンディショニング福岡

  5. 脳と免疫

  6. 運動による筋タンパク質の合成と分解

閉じる