空間認知能力

空間認知能力

空間認知能力とは・・・自分と他者、自分と物との関係性、距離感を感じる能力のことです。自分が今、どのくらいの広さの場所にいるか、壁までの距離はどのくらいか、相手との距離はどのくらいか。その距離を考えた時に自分はどのくらいのスピードで、どのくらいの歩幅で歩けばいいのか、どのくらいの声の大きさで話せば相手に届くのか。今見えている部分から隠れている部分を予測して全体をとらえる。そういうことを感じとる能力です。

この空間認知能力は普段の生活の中でも鍛えることができます。

  • お母さんに手を取ってもらい、眼を閉じて歩いてみる。
  • あそこの壁まで何歩だと思う?と予測して歩いて確認してみる。
  • 信号待ちをしている時に片足立ちでバランスをとって待ってみる。
  • 校庭や公園の中を右回りに走ったり、左回りに走ったりしてみる。
  • 階段をただまっすぐに上がるだけでなく、ジグザグしながら上がってみる。
  • 次の信号までスキップしてみる。
  • 部屋の反対側にあるものをハイハイして取りに行ってみる。
  • おもちゃを片付けるのに、右目を閉じて左手を使って片付けてみる。

このような遊び感覚で体を動かすことこそが大切になります。

関連記事

  1. 筋収縮の機序

  2. 運動スキル獲得とイメージトレーニング|フィジオ福岡 スキルをどう学習す…

  3. 「結果の知識」と「学習の転移」 | フィジオ福岡 運動学習を考える

  4. 運動制御における「Bernstein問題」

  5. 神経の可塑性と機能変化から構造変化の流れ|フィジオ福岡 運動学習

  6. 「百聞は一見にしかず」|フィジオ福岡 学習とは何か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

閉じる